burger
LOGO

バナナとパイナップルの情報発信
バナナ・パイン研究所

メディア担当の方
  1. TOP
  2. 論文・学会抄録
  3. 発酵青バナナ末が培養筋細胞ミトコンドリアに与える影響

論文・学会抄録

2022.03.10

発酵青バナナ末が培養筋細胞ミトコンドリアに与える影響

堀江健二, 井上侑紀, 坂下真耶, SA Rina, 渡部和哉, 青笹正義, 山下裕輔, 丸勇史, 加藤敬, 山田敬, KIM Mujo. 日本農芸化学会2014年度大会講演要旨集, 3B07A14.

バナナ・パイン研究所
編集部 バナナ・パイン基礎情報 / 美容・健康 / その他 バナナ・パイン研究所 編集部

抄録

【目的】
バナナは、日々の活力源として広く食されている、最も栄養バランスに優れた食品の一つである。活力あ
る生活を送るために重要な骨格筋のエネルギーは、筋細胞内のミトコンドリアが産生している。ミトコンドリアはエネルギー代謝に直接関わる細胞内器官であり、骨格筋におけるミトコンドリア活性は筋持久力を左右する重要な要因である。そこで本研究では、我々が新たに開発した「発酵青バナナ末」が培養筋細胞ミトコンドリアに与える影響について検討を行った。
【方法】
ATP 産生試験
マウス横紋筋由来細胞株 C2C12 細胞を用いて、ATP 産生試験を行った。C2C12 細胞に発酵青バナナ末を添加、培養後、ルシフェラーゼアッセイにより ATP 産生量を測定した。同時にタンパク質定量を行い、タンパク量あたりの ATP 産生量を評価した。
ミトコンドリア関連遺伝子測定試験
C2C12 細胞に発酵青バナナ末を添加、培養後、total RNA を回収し cDNA を合成した。cDNA を鋳型として、real-time PCR によりミトコンドリア関連遺伝子の発現量を測定した。
【結果】
発酵青バナナ末を添加した C2C12細胞で、ATP産生量の有意な増加が認められた。本結果から、発酵青
バナナ末がミトコンドリア活性化能を有することが示唆された。 また、同粉末を添加した C2C12 細胞で、ミトコンドリア脱共益タンパク質3(UCP3)の発現量が有意に増加した。UCP3 は骨格筋細胞で高濃度に存在し、エネルギー消費の増加に関与すると報告されている。その他、ミトコンドリア関連遺伝子の発現に与える影響について、検討中である。
これらの結果から、「発酵青バナナ末」は、免疫賦活能に加え、筋細胞のミトコンドリア活性化能を有することが示唆された。

キーワード 発酵 , 青 , バナナ , 培養 , 筋細胞 , ミトコンドリア

バナナ・パイン研究所
編集部

バナナ・パイン研究所 編集部 BANANA PINE EDITORIAL DEPARTMENT

バナナとパイナップルの魅力を情報発信!
バナナとパイナップルの学術的・専門的な情報の網羅性においては、総合的なバナナとパイナップルの専門情報サイトとなっております。
本サイトによる情報発信を通じて、バナナとパイナップルの基礎情報や美容・健康価値の理解の一助になるよう推進してまいりたいと考えております。

バナナとパイナップルの魅力を情報発信!
バナナとパイナップルの学術的・専門的な情報の網羅性においては、総合的なバナナとパイナップルの専門情報サイトとなっております。
本サイトによる情報発信を通じて、バナナとパイナップルの基礎情報や美容・健康価値の理解の一助になるよう推進してまいりたいと考えております。

論文・学会抄録一覧に戻る

関連記事OTHER ARTICLE

記事一覧を見る

ピックアップPICK UP

カテゴリーCATEGORY

TOP